1ヶ月で効果あり!一汁一菜の凄さ。

シェアお願いします

こんばんは。

一汁一菜ライフのゆゆです。

一汁一菜の生活にしてからちょうど1ヶ月が経ちました。

ここで経過を報告いたします。

そもそもなぜ一汁一菜なのか。

一汁一菜に目覚めた経緯はズボラであった私が

この本を読み、一汁一菜の素晴らしさに出会えたからです。

1ヶ月続けてみてメリットばかりなのでご紹介します。

  1. 家事が楽になった
  2. 家事が楽しくなった
  3. プレッシャーがなくなった
  4. 調味料にこだわるようになった
  5. 集中力がついた
  6. たくさん食べても太らなくなった
  7. 食べ物に感謝するようになった
  8. 節約になった
  9. 時短になった
  10. スーパーでなく八百屋さんに行くようになった

まず、家事が楽になったのは明らかです。

料理の品数が減ると当然ですが、洗い物も減ります。

そうすると、いつもは苦痛だった家事もやるようになるし、

「今日はあれを作らなきゃ」という変なプレッシャーも

なくなりました。

はじめは反対だった旦那くんも

調味料や食材にこだわる私を見て

「なんだか体に良さそうだね」と

賛成してくれるようになりました。

具沢山のたっぷりお味噌汁と3年ものの梅干し。

お味噌の本来の美味しさも実感できますし、

これだけで十分立派なおかずになります。

そして、普段食べているご飯もよく噛むことによって

その深く味わえるようになって感謝の気持ちが表れてきます。

小さい頃、

「お米を作ってくれたお百姓さんに感謝の気持ちを込めて、ご馳走さま」

と言わされてましたが、(笑)

まさに、その感じです。

お米の研ぎ方、炊き方も研究してしまいました。

一汁一菜と平行して砂糖断ちもしているからかもしれませんが、

集中力もアップした感じがしますし、

体もスッキリしました。

砂糖断ちに、美肌効果もあるはちみつと甘酒がおすすめ

使用する食材も減ったのでもちろん節約にもなるし、料理の手間も省けて本当にいいことずくめです。

モノでも情報でもなんでもありすぎるは良くないですね。

体を作るものこそこだわり抜いたものを食べたいと思います。

ちなみに、お昼はお弁当を会社に持って行ってますが、

ご飯の上にごま塩、重ね煮を乗せて、お味噌汁は、レトルトはやめて

蒸した野菜と味噌を丸めて作った味噌玉を持っていくようにしています。

レトルトの味噌汁にはもう戻れません。

そんなとある日の食事はインスタにあげてます。

  1. 平飼い有精卵の卵と
  2. ファンケルの発芽玄米
  3. 重ね煮にネギを加えたお味噌汁(米味噌

  1. 根菜類の重ね煮(きんぴらアレンジ)
  2. 有機栽培の白米
  3. しいたけとほうれん草のお味噌汁(麦味噌

このきんぴらアレンジが自分でもヒットでした。

今までレンコンもごぼうも調理したことない。。。(笑)

  1. ニラと豆腐とヤマブシタケの炒め物
  2. きのこたっぷり重ね煮味噌汁(3年味噌)
  3. 白米

最近八百屋さんによく行くようになり珍しい食材も買うようにしてます。

ヤマブシダケは白くてフサフサしているのですが

いためると、肉厚な食感に早変わり。

お豆腐とニラのいいアクセントになりました。

  1. 北海道のいくらしょうゆ漬け
  2. キャベツとヤマブシダケのお味噌汁
  3. 白米

お土産にいくらのしょうゆ漬けをいただいたので。

もうこれだけで本当に豊かな食卓です。

    1. 有明産上級焼海苔
    2. オーサワの小田原三年梅干・国産のいりごま
    3. キャベツたっぷりお味噌汁(米味噌)

有明ののり、厚みがあって美味しいです。

このゴマも香ばしくておにぎりにしようとしましたが、やめました(笑)

味噌を変える習慣が自分についたことだけでちょっとびっくりです。

心と体がシンプルになる一汁一菜は本当におすすめです。

 クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シェアお願いします

フォローはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。